スノボをお得に楽しむなら午前券を購入

スノボに行くのであれば、せっかくですので長時間滞在して、思う存分滑って楽しみたいと思う事でしょう。
そのためには、リフト券を購入する時に一日券を購入していたほうが、お得に楽しめると考えるはずです。
しかしよく考えてみたときに、本当に一日券が必要なのかを考えてみたほうがいいでしょう。

東京夜行バスについて興味がある方にオススメのサイトです。

例えば、朝の9時ごろに到着して準備をして滑り始めるのが9時半頃だとします。



そしてしばらく滑って、お昼ご飯の時間に1時間ほど使い、また午後から滑っていると疲れてくるので夕方の4時ごろになればそろそろ帰ろうかという感じになるでしょう。そうなると午前中に2時間半滑って、午後から3時間程度滑ったとしても、実際には5時間半しか滑っていないことになります。
そこで、午前券を購入した場合にはどうなるでしょうか。
午前券は朝8時から13時くらいまで滑れるスキー場が多くなっています。



そうなると8時ぴったりから滑り始めて13時まで滑り続け、昼ご飯は帰りの車で食べるようにした場合には、マックスで5時間も滑れるようになるのです。

それだけ滑れるのであれば、1日券とほとんど変わらないくらい楽しむことが出来ますので、午前券を購入した方がスノボがお得にできると言えるでしょう。

1日券と午前券では、1500円程度の差額がある場合があります。
それだけ違うのであれば、朝早く出発して午前券で集中してスノボをしたほうがお得にスノボを楽しむことが出来るでしょう。