不動産/賃貸, 賃貸経営, 高齢者住宅

起業時に賃料を抑えたいなら賃貸オフィスの利用が便利

あらゆる企業はその企業活動を行うオフィスを持っている必要があります。これは起業に伴う登記にもオフィス住所が必要となることから不可欠のものと言えるでしょう。しかしながら、大企業ならまだしも、ベンチャーや数人規模で運営する小企業、あるいは当面の間は一人だけで活動している起業家などにとっては、これらのオフィスを借りるのが大きな痛手となってしまいます。多くのオフィスはその賃料だけで月に数十万の出費となる場合も少なくなく、SOHOなどの利用でワンルームマンションを借り入れたとしても賃料に加えて契約料や敷金、礼金が必要になります。

こういった出費がかさむあまりに主たる経営に大きな打撃を与えることにもなりかねません。一方、こういった場合でも気軽に契約できる物件として賃貸オフィスがあります。これらはできるだけ空室が出ないように回転率が上がるように部屋を貸していきたいのが本音ですから、それに合わせて企業側にとってもメリットの高い条件での契約が可能となります。最近では主要駅から徒歩で数分の立地条件の賃貸オフィスが月数万円にて契約できる場合もあり注目を集めています。

こういった賃貸オフィスでは、その内部に様々な規模の企業が入居している場合も多く、企業の人数や規模に合わせて様々な部屋の形を選択できたり、あるいは机や椅子や電話回線や空調設備などの最低限のものは最初から常備されている場合もあるので起業時の様々な出費を抑制することにも繋がります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です