シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸住宅

賃貸オフィスとレンタルオフィス

ベンチャー企業を立ち上げて起業する場合、どこかにオフィスを構えることになるでしょう。このオフィスですが、どうやって開くかは二つの選択肢があります。一つは賃貸オフィス、もう一つはレンタルオフィスです。どちらにも一長一短があり、どちらがいいかは、企業規模や社員の人数などによって変わります。

まず、それぞれのメリットとデメリットについて見ておきましょう。賃貸オフィスの場合は、銀行からの融資が受けやすくなるというメリットがあります。これは、レンタルオフィスに比べて賃貸オフィスのほうが社会的な信用度が高いからです。さらに、月々の賃貸料もレンタルオフィスより安く付くので、費用的な面でも分があるといえるでしょう。

一方で、賃貸オフィスのデメリットには、初期費用が高くなること、入居してから事業開始するまでに時間がかかることなどがあります。オフィス賃貸の場合は、レンタルオフィスのように最初から家具が備わってるわけではなく、また内装工事も一から行う必要があるので、その分の初期費用がかかります。そして、事業に必要な家具や設備の搬入、回線の引き込みなども必要になるため、入居してすぐに事業開始というわけにはいきません。一方、レンタルオフィスの場合は、メリットとして、事業に必要な家具類や電話などのインフラが全て格安でレンタルできることがあります。

オフィス賃貸と違って、必要なものは最初から備わっているので、入居してからすぐに事業も開始することができます。ただしデメリットとして、月々の賃貸料が高くなること、また社会的な信用度が低いことなどがあります。どちらのオフィスにするかは、こうした両方のメリットとデメリットを比較して決めるべきでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です