シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸経営

賃貸物件の防犯設備をチェックして安心の暮らしを

賃貸住宅は身軽に住み替えができる住まいとして人気を集めています。入居時の初期費用も安く、引越しの回数が多い転勤族の方やこれから人生のステージが変わっていく未婚の方なども多くこの住まいを選んでいます。そんな利便性の高い賃貸住宅ですが、選ぶ際に注目したいのが防犯設備の充実度です。賃貸住宅の中にはこうした防犯に力を注いださまざまなロックやシステムを採用しているところがあり、大変人気になっています。

まず、エントランスですが防犯意識の高い物件はオートロックを採用しています。ナンバー式オートロックならカバンから鍵を出す手間なく開錠することができ隙を与えません。また電鉄会社のパスなどがカードキーになっており、非接触式で開錠できるケースもあり、技術と防犯性の進歩が見られます。エントランスだけでなく各住戸のドアも、非接触式のオートロックが採用されていることもあり、ドアの前での無防備な時間帯をなくすことができます。

また防犯カメラやテレビモニター付きインターフォンなどの設備が導入されていれば防犯性も高まります。音声のみのインターフォンの場合には、実際の訪問者がわからないので、応答するしかありませんでしたが、テレビモニター式なら訪問者の姿を確認した上で、応答するかどうかを決めることができ、防犯性が高まります。このようなテレビモニター付きインターフォンや、廊下、エレベーターなどに防犯カメラが完備されている物件は犯罪抑止力にもなる安心な物件です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です