シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸住宅

賃貸で必要になるお金はそれほど多くない

賃貸で事前に用意しなくてはいけないお金はそれほど多くはありません。賃貸をする時に前もって準備しなくてはいけないお金は、敷金と礼金と賃料の前払い分だけです。しかも、近年の賃貸では礼金を支払わなくても良い物件が増えているため非常に借りやすい環境が整っているのです。敷金は、部屋の安全性の担保を確保するために支払うお金のことを言います。

部屋を貸す所有者は、その部屋を綺麗に扱ってもらわないとその部屋を次の人に貸すことが出来なくなってしまいます。また、必要以上に部屋が汚れてしまうと資産価値も減少してしまうため、そのような事態を考慮して予め敷金というお金を賃借人から預けてもらうようにしているのです。部屋が汚れたり傷ついたりしたときにはこのお金を使うことで、綺麗に原状回復させることができます。礼金は、敷金とは異なってこうした意味合いを持っているものではなく単なる謝礼の意味合いしか存在しません。

部屋を貸してくれたお礼に所有者に対して支払うお金であるため、法律にも礼金に関する特別な規定はありません。そのため、近年では法律の規定がない礼金を受け取らないオーナーが増えているのです。これらに加えて賃料の数か月分を前払いすることによって賃貸をする事が出来ます。敷金に関しては賃料の一ヶ月から二ヶ月分のお金が相場であるため、それほど大きなお金は必要になりません。

部屋を綺麗に扱えさえすれば契約が満期を迎えた後にきちんとお金を返してもらえるため、実質的に支払わなくてはいけないお金は賃料の前払いくらいなのです。シニア向けの賃貸住宅のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です