シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸住宅

注文住宅では環境ホルモンを避けた素材を使用できる

近年の住宅事情においては、人工的な素材や新建材が使用されて作られてきた住宅が増えています。合板や壁紙用の接着剤に使用されるメラミン系やフェノール系の合成樹脂や防腐剤、施工用接着剤や塗料材なども使用されています。注文住宅であれば環境ホルモンを含んでいる素材を避けるために、天然素材にこだわって建設することができます。自然にある天然素材を建設材料として使用する建築方法は、最近は注目されています。

自然素材は、素材そのものが環境による影響を調節する機能を持っています。素材自体が呼吸をするために、吸湿性や吸水性に優れていますので湿度や温度の調節を素材そのものが行ってくれるメリットがあります。自然界に元々あった素材が使用されているために、人間の身体に悪影響を及ぼすリスクは低いと考えられています。住宅に関して短いサイクルで建て替えていく建築方法は、大きなゴミが発生してしまう原因になります。

そのために注文住宅を建設する計画を立てる段階から、長期間にわたって住むことが可能な住宅にすることができます。住宅を建て替えをせずに長く使用できるものであれば、廃棄や建て替えごとに環境ホルモンを発生させるようなことを防げます。年数が経過した場合においても、機能的な住宅を長く維持していくためには、注文住宅の計画段階からしっかりと環境に対する配慮を行った建設を行う必要があります。注文住宅では家族のニーズも取り入れることができますので、小さな子供がいる過程の場合には人体に影響のある物質を含んでいる素材を避けて建設することができるメリットがあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です