不動産/賃貸, 賃貸経営, 高齢者住宅

ローコストを重視した注文住宅

注文住宅は好きなプランで新築できるメリットがありますが、プランだけではなく全てを自由にすることが可能です。豪華な仕様を望む人もいればローコストで建てたいと考える人もいますが、建築コストに関しても自由に決めることが可能です。建築コストは抑えるにしても限界がありますので、コストカットが可能な部分について把握しておく必要があります。構造体や基礎など建物にとって重要な部分はコストカットが難しい部分ですから、他の部分で抑えていくことになります。

注文住宅のプランは間取りの他にも仕上げ材や設備機器のグレードなど、細かい部分まで打ち合わせをしながら決めていきます。低価格の材料を多く使えばそれだけ建築コストを抑えることが可能ですが、極端なコストカットは贅沢感が全くなく満足感に欠ける住宅になってしまいます。また見たもの悪さからくるイメージから、来客者に与えてしまう影響も大きいと言えます。人目に付く場所は通常通りの仕様とし、人目に付かない部分はコストカットをするなどの工夫が必要となってきます。

注文住宅は長い期間をかけて住宅ローンを支払っていきますので、無理なく返済できる状態であればそれ程ローコストにこだわる必要はないと言えます。逆に徹底したローコスト住宅にしなければ新築できない場合には、そもそもの資金計画や返済計画が破たんしている可能性もありますので、計画を見直してみることも必要です。注文住宅はローコストも可能ですが、極端すぎると満足度を落としてしまいます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です