シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸経営

注文住宅でオール電化を選ぶデメリット

オール電化はメリットの多い設備ですが、注文住宅で導入する場合にはメリットとデメリットを比較して選ぶことが大切です。全てを電気で賄うため光熱費の一本化が可能ですが、電気料金が高くなってしまうため光熱費がかかり増しになる場合があります。床暖房を採用した場合には冬期間の光熱費が割高になってしまう場合があるため、他のエネルギー源との比較が必要となります。オール電化以外では灯油やガスがエネルギーとなりますが、クリーンに使用できることがオール電化のメリットになります。

デメリットとしては設備機器の価格が高くなるため、他のエネルギー源を使用するよりも導入コストが高くなってしまう点があります。一般には調理機器にガスを使用していますが、オール電化では火を使わないため火力が弱いと感じる人も多いと言えます。色々な面でデメリットが有るオール電化住宅ですが、注文住宅では様々なプランで効率よくエネルギーを使うように設計することが可能です。冬期間の暖房にかかる負担を減らすには高気密高断熱工法を採用することも良い方法ですし、自由に設計できる注文住宅のメリットを活かせばデメリットをメリットに変えることも可能です。

オール電化では料金の安い深夜電力を使用しますが、逆に日中の電気料金が割高になってしまいます。日中の電気料金を抑えることでトータルで光熱費を安くすることが可能ですから、生活の仕方からでもデメリットをメリットに変えることが可能です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です