シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸住宅

注文住宅を建築する際の注意点

注文住宅というと、自分の好きなように作ることができ、理想の家が出来ると考える人が多いと思います。しかし、ちょっとしたことでその理想の家が、最悪な家に変わってしまうこともあるため注意が必要です。注文住宅を工務店や住宅メーカーで建築する際に、気を付けなければいけないことをご説明します。1.契約した時の建物予算の内訳間取りなどの打ち合わせをして、さあ契約をしようとなった時に当然見積もりを出してもらうことになります。

この見積もりの内容はよく吟味しなければなりません。特に別途となっているものは要注意です。地盤改良の工事費やインテリアの費用は契約後に別途かかりますと書いてある場合、契約金額以上の金額を後々請求されることになりかねません。せっかくの注文住宅の建築でいやな思いをしないように、注意すべきです。

2.工事中の現場の状態工事が始まると大工さんが現場で作業をし始めます。この際に大工さん達の立ち振る舞いに注意が必要です。大工さん達の現場でのマナーが悪いと近隣の方から反感を買います。特にタバコのポイ捨てや道路への座り込みなど要注意です。

せっかくいい家が出来ても、入居後に近隣の方と雰囲気が悪ければ、生活がし辛くなります。3.建てた後のメンテナンスの確認家は長く住むものです。そして、長年住んでいると劣化していきます。当然メンテナンスをしないと、とても住みづらい家になってしまいます。

メンテナンスはとても重要なので、どのような設備が何年くらいで交換が必要かなどを確認し、どこにメンテナンスを頼めばいいか工務店やメーカーに確認しておきましょう。以上のことに注意することで、注文住宅の建築で失敗する可能性は低くなります。シニア向けの賃貸住宅のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です