シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸住宅

賃貸に住むメリットと確認すること

マイホームを購入すると、自分の生活環境が変更したときでもリフォームをすることができたり、自分の家として落ち着いて生活できます。しかし、近隣の人達と仲が悪いことが理由で、騒音や嫌がらせなどの近隣トラブルが発生することがあっても引っ越すことが困難です。また自分の好きなようにリフォームできますが、家を長持ちさせるには定期的にリフォームする必要があり、家の購入も含めて賃貸よりも費用がかかります。賃貸なら、今住んでいる場所が嫌でもすぐ引越しができ、家賃の安い場所を探せば収入の一部を貯蓄に回しやすくなりますが、引越しを繰り返していると出費が大きくなるので、自分に適した物件を慎重に探すことが大事です。

電車を使って学校や会社に出かけるときには、最寄り駅に行くまでの時間を知る必要があり、時間が短ければ忙しい朝でも慌てずに行動ができ、夜遅くに一人で帰る場合でも犯罪に巻き込まれにくくします。物件を探している時に徒歩にかかる時間が書かれていますが、移動速度や天候によってはその時間で行動ができないため、実際に歩いて移動にどのくらいかかるか確認します。賃貸物件を実際に下見するときには、朝から夜までの様々な時間に出かける必要があり、出かけた時間によっては近隣が騒がしかったり、日当たりが悪いなどの問題が見つかることがあります。他にも部屋が傾いていないかビー玉を使って調べたり、買い物できる店や娯楽施設が周辺にあるか、災害に強い建物かなどを確認することでマイホームでなくても自分の場所として安心して生活できます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です