不動産/賃貸, 賃貸経営, 高齢者住宅

賃貸物件の見学の際の注意点

賃貸物件を探している場合は、まずは不動産屋に行って、希望の賃貸物件を見学することから始めます。しかし、物件の見学をおろそかにしてしまうと、部屋を借りた後に後悔してしまうこともあるので注意が必要になってきます。そこで、物件の見学に行った際のポイントとしては、部屋の明るさ、携帯電話のつながりやすさ、押し入れやクローゼットの中のカビの状態などを中心にチェックするとよいでしょう。まず、部屋の明るさについては、太陽がしっかり入る部屋であるかということについて調べます。

部屋の明るさを調べるわけですから、当然見学をするのであれば、お昼に行うことが大事になってきます。日差しが届かない部屋の場合、単純に部屋が暗くなるだけではなく、衣類を干したりするときに重要ですし、精神衛生的にも良くないといわれていますから、太陽の日差しがある程度あるお部屋かどうかを確認しておくとよいと考えられます。次に、携帯電話のつながりやすさについては、実際に電話をしてみて話をしてみるとよいでしょう。中には物件の構造上、電波が届きにくい賃貸物件もあったりしますから注意が必要になってきます。

押し入れやクローゼットについては、気づきにくい部分ですが、カビが生えているようなケースもありますから、しっかりと中を調べて見ることが大事になってきます。賃貸物件によっては、湿気が強い部屋の場合、カビが発生しやすかったりしますので注意が必要になってきます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です