不動産/賃貸, 賃貸経営, 高齢者住宅

賃貸契約時に値引きができる項目とは

お得に賃貸契約を結ぶ為には値引きが可能な項目に対して交渉をしてみる事が大切です。値引きができる項目はいくつかあるのですが、比較的交渉がし易いポイントとしては礼金が挙げられます。礼金は家賃のように毎月発生する費用ではありませんので、交渉次第で無くなる可能性が高いですし、交渉をしてみる価値がある項目の一つと言えます。続いて交渉ができる余地があるのが家賃です。

毎月の家賃が下がればかなりコストを抑える事ができますが、ただ家賃は毎月必須の費用になりますので、交渉は難しい事もあります。しかし、入居者がなかなか集まらないような賃貸の場合ですと値引きをしてくれる可能性も十分にあるのです。因みに家賃の値引き交渉が難しそうな場合はフリーレントにならないか相談してみるという方法もあります。フリーレントとは一定期間の家賃を無料にしてもらう事ですが、1ヶ月分でも安くなればかなりお得に契約できるのではないでしょうか。

次に挙げられる項目として、入居に際してのクリーニング費用や害虫駆除費用についてです。これはほぼ任意の項目となっていますので、不要の旨を伝えれば無くしてくれる可能性が高いです。賃貸契約の際にはこういった項目に対して交渉をしてみるのも良いと言えますが、ただし、過剰な交渉は禁物という事を覚えておいた方が良いでしょう。しつこい交渉は嫌がられますので、何度も何度も交渉に臨むような事はしない方が無難と言えます。

高齢者住宅の賃貸経営のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です