シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸住宅

家具付き賃貸物件のメリット、デメリット

家具付きの賃貸物件がありますが、メリットもデメリットもあります。家具付きの賃貸物件のメリットは、家具を買う費用を抑える事ができると言う部分にあります。物件を契約する際に、家具を持っていなければ、家具を購入しなければ生活をする事ができません。また物件を契約してから家具を購入する場合が多いため、家具が届くまでの間、生活する事が難しくなってしまいます。

しかし家具がある事によって、すぐに生活をする事もできますし、購入費用もかかりません。このような部分が大きなメリットになります。反対にデメリットは、家賃が通常の賃貸よりも高くなってしまうと言う事になります。家具の購入費用は発生しないのですが、家賃で負担が増えてしまいます。

また、好みの家具を使う事ができなくなってしまいます。好みの色の家具を使用して生活をしたかった、使いたいブランドの家具があった、と言う場合でも使う事ができなくなってしまいますし、許可無く家具を交換する事はできません。使いたいと感じている家具がある方や、好みの色に揃えたいと感じている方は家具付きの物件はあまり向かないでしょう。また長期間住む予定の方は家具の購入費用を抑える事ができる魅力が無くなってしまうので、家具を購入して、通常の賃貸物件で生活した方が良いと思います。

家具付き賃貸物件には良い点も悪い点もあるので、しっかりと考えて、家具が付いている物件とついていない物件どちらを契約して生活していくのか判断するようにしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です